2009/10/03 (Sat.) MINEZIL at Live Bar DV

定期的に、小編成で活動を続けてきた、サンババンド、『MINEZIL』。 この日、すべてのレギュラーメンバーに加え、ベース、ドラム、 そしてゲストに キーボードとチェロを加え、総勢9名の 豪華なサウンドでのライブでした。
普段ベーシストのぺっぺい氏は、中央フロントに座った瞬間、 「え? ここ、俺の席?なんか緊張するわ〜(汗)」 と、いつもとのポジションの違いに照れたりして(笑) ベーシスト同士のかつき君との、異例の共演も嬉しかった様子です。
楽しすぎてつい夢中になり、ライブ後、どうも激しい燃焼感があると思ったら、たっぷり3時間もやっておりました(笑)


峰愛美子(piano, vocal)    川辺ぺっぺい(guitar, vocal)   堂地誠人 (saxophone, flute)     Tommy (trombone)
 ロベルトカジヤ(perc.)  中島かつき (bass)   カズ加藤 (drums)   ゲスト/伊澤和晃(cello) 大山理保(keyboard)

 
ぺっぺい氏のオリジナルも、今日は豪華バンドで。  
ホーン隊はBAD CITYでもお馴染み、このお二人。
 
チェロの伊澤さん。彩りの幅を広げてくださいました。  
誠人君、もちろんフルートも吹いてくれます。
<1st. Stage>
1. Espelho
2. By The Brook
3. Sambou Sambou
4. Samba E Amor
5. Amazonas
6. つばめ
7. Nasci pra sonhar e cantar
8. Agora
  <2nd. Stage>
1. Batucada Surgiu
2. Por Causa de Voce Menina
3. Nuvem negra
4. 奇跡の瞬間
5. Guarde Nis Olhos - feat. 堂地誠人
6. Berimbau - feat. Tommy
7. Flor de Lis
8. Tristeza (Goodbye Sadness)
 
   
彼の音色は、どこまでもセクシー…。
 
堂マコ氏 feat.の曲。 一気に景色を変え、壮大に歌い上げます…。 私はメロディオンを使って彩りを加える。
 
Tommyさん feat.の曲。カジヤ兄がビリンバウを披露。 また一気に景色を変え、民族調の 力強い演奏になる。
 
かっちゃん、初参戦なるも最高。 もはや『ショー』の域に達するカズ氏とカジヤ兄の雄叫びバトルには、会場が爆笑した。
 
雄叫びといえば他にいない、カズ加藤氏!アイヤー!  
アンコールは、立ち上がって踊る!
「サンバって、楽しいんやな〜!」 そんな気持ちになってくれるだけで、最高なんです。
音楽に国境はありません。 みんな、またブラジルの音楽を感じに来てね!
Muito obrigado

戻る