お気に入りの写真 その14 DATE in HOLLYWOOD

さて、ハリウッドでのデートの様子です。(エピソードから入ります。)

Where do you wanna go, Emy? (エミィ、どこに行きたい?)」
「えっとね・・・・♪」
「美術館 なんてどう? 近くに世界遺産を公開している美術館があるのよ。」

Σ(゚ロ゚`)!!

Kとの会話の途中、横でパンをちぎりながら、オバがそう口を挟んだ。

待って。‥‥待って!!おじさんは、家でクラシックしか流さないの!
そりゃ〜クラシックは好きだけど、もう一週間以上 クラシックしか聴いてないの!
ディズニーランドは?! ハリウッドは?! ユニバーサルスタジオはぁ〜〜?!大声で笑いたい!!

「僕は美術館はあんまり行きませんね。でも、エミィが行きたいなら連れて行くよ。」
「じゃぁK、エミィをよろしくね。」
「OK!じゃぁ行こうか。」
「ハィ・・・行ってきます。」

そしてKは、車に乗ると音楽を流し始めた。R&B、JAZZ、Fusion‥‥。
これよ、これ!!このノリがなかったのよ〜〜〜!!

そして楽しく車を走らせていると、広い太平洋が見えてきた。
「あ!海!!ねぇ、車止めて〜〜!」

Kは海岸で車を止めてくれた。

  これ、Kですw
全面モザイクかけました(笑)

「ねぇ、ハリウッドって近いよね?行けるかな?」
「Oh, 美術館はいいの? ハリウッドなら近いよ。
じゃぁ、ハリウッドにしよう。」



そして私たちは、山を越えて
ハリウッドへ向かいました。
     
  なんてキレイな景色でしょう‥‥。

写真をいっぱい撮るもんで、いいスポットがあったら、Kは必ず車を止めてくれる。


ラッシュアワーに巻き込まれたため、途中にあったメイリンおばさんの家に二人で非難して、軽くおやつを いただきました。
     
  ラッシュアワーが過ぎたころ、
またハリウッドへ向けて出発♪
     
  チャイナタウンに到着。

有名人の名前が刻まれたタイル、
足型などを見ながら、喜んで写真を撮る。


でもこの辺‥‥

おもしろい人がいっぱいいました。
     
  後ろからヒタヒタとついてくる人物が‥‥。
振り返ったら、ゾンビみたいな白顔の男が‥‥!

思わず、Kの腕をつかんだ瞬間、
取り押さえられ、ナイフを突きつけられた。

するとこの人物、そのままKの方を向いて
動かない‥‥


「OK、チーズ♪」


Kはフッと微笑み、パシャッと一枚 写真を撮り、
この男に1ドル渡していた‥‥。

「な、なんだ‥‥ビックリした(;・`ω´・)」
「あぁやって、観光客を相手にサービスして
いるんだよ。」

なるほどね(笑) ビックリしたわよ;;
     
  いろいろ面白いものがあるので、笑いながら
チャイナタウンをウロウロしていると‥‥
ある人物と目が合ったんです。

一瞬ダレかと思いました。
超有名人。

オマイさんは そこで何してんのよ?!

いつまでたっても、ここから降りない、飛ばない。
通行人と、フツーにベラベラ喋っとりました(笑)


いろんなアトラクション(?)があって、
すっかり楽しんでる私♪
    お土産屋さんに入ると、エルヴィスが
くねっとしていました。

とうに10時を過ぎています。 Kはおじに電話を入れた。

「今、エミィとハリウッドにいます。何時までに 送っていったらいいですか?
OK、今食事に出てるらしいから、11時までに帰っておいでだって。」
「OK、じゃぁ帰ろうか。今日はありがとう!」


それからまたチャイナタウンを通り、近くのライブハウスを見ながら帰りました。
車の中では、私の大好きなジャズをかけてくれた。
K、楽しい時間をありがとう

戻る